Publications2011

Journal Papers

  1. Toru Namerikawa, Takeshi Hatanaka, Masayuki Fujita,
    “On Predictive Control for Systems with Information Structured Constraints,”
    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration ; Vol.4,No.2,pp.452-459,November 2011
  2. 小杉 和也, 滑川 徹,
    ” 近傍比較戦略に基づく異種混合センサースケジューリング,”
    計測自動制御学会論文集; Vol.47, No.8, pp.329-336, August 2011
  3. Hamzah Ahmad, and Toru Namerikawa,
    ” Intermittent Measurement in Robotic Localization and Mapping with FIM Statistical Bounds,”
    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems ; The Institute of Electrical Engineering of Japan ; Vol.131,No.6,pp.1223-1232; June 2011
  4. Nam Duc Do, Yusuke Yamashina, and Toru Namerikawa,
    “Multiple Cooperative Bilateral Teleoperation with Time-Varying Delay,”
    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration ; Vol.4,No.2,pp.089-096,March 2011
  5. Hamzah Ahmad, and Toru Namerikawa,
    “Robotic Mapping and Localization Considering Unknown Noise Statistics,”
    Journal of System Design and Dynamics ; The Japan Society of Mechanical Engineers ; Vol.5,No.1,pp.070-082 ; January 2011

International Conference Papers

  1. Toru Namerikawa, Taichiro Kato
    ” Distriburted Load Frequency Control of Electrical Power Networks via Interative Gradient Method,”
    2011 50th IEEE Conference on Decision and Control and European Control Conference(CDC),pp.7723-7726 ; Orland, FL, USA, December 12-15,2011
  2. Nam Duc Do, and Toru Namerikawa,
    ” Cooperative Control Based on Force-Reflection with Four-channel Teleoperation System”
    2011 50th IEEE Conference on Decision and Control and European Control Conference(CDC), pp.4879-4884 ; Orland, FL, USA, December 12-15,2011
  3. Toru Namerikawa, Takeshi Hatanaka, Masayuki Fujita
    “Predictive Control and Estimation for Systems with Information Structured Constraints”
    2011 11th International Conference on Control Automation and Systems, pp.538-543 ; Oct. 26-29, 2011 in KINTEX, Gyeonggi-do Korea
  4. Yasunori Kawai,Kentarou Nagashima, and Toru Namerikawa
    ” Experimentson Transportation SupportSystem using Multi-Vehicle’s Formation,”
    SICE Annual Conference 2011, pp.694-699, Waseda University, Tokyo, Japan, September 13-18, 2011
  5. Koji Ishimura, and Toru Namerikawa,
    ” Cooperative Conveyanceby Vehicle Swarms with Dynamic Network Topology,”
    SICE Annual Conference 2011, pp.682-687, Waseda University, Tokyo, Japan, September 13-18, 2011
  6. Taichiro Kato, and Toru Namerikawa,
    ” Distributed Control for Load Frequency of Power Networks based on Iterative Gradient Methods,”
    SICE Annual Conference 2011, pp.1384-1389, Waseda University, Tokyo, Japan, September 13-18, 2011
  7. Kazuya Kosugi, and Toru Namerikawa,
    ” Dynamic Target Navigation based on Multisensor Kalman Filtering and Neighbor Discovery Algorithm,”
    SICE Annual Conference 2011, pp.1392-1397, Waseda University, Tokyo, Japan, September 13-18, 2011
  8. Yuki Fujita, and Toru Namerikawa,
    ” Synchronization Condition of Power Networks by Using Non-Uniform Kuramoto Model,”
    NOLTA 2011, KIPC (Kobe Industrial Promotion Center) Kobe, Japan, September 4-7, 2011

Domestic Conference Papers

  1. 大谷 達也, 滑川 徹
    “マルチロボットの協調自己位置推定と環境認識問題とその収束性解析”
    第54回自動制御連合講演会, pp.7-12
    会場:豊橋技術科学大学, 2011年11月19日-11月20日
  2. 大川 佳寛, 滑川 徹
    “逃避時間回避を考慮したH∞フィルタによる移動ロボットの自己位置推定と環境認識”
    第54回自動制御連合講演会, pp.13-18
    会場:豊橋技術科学大学, 2011年11月19日-11月20日
  3. 石村 晃士, 滑川 徹
    “ネットワーク構造に依存しないマルチビークルシステムによる物体協調把持”
    第54回自動制御連合講演会, pp.96-101
    会場:豊橋技術科学大学, 2011年11月19日-11月20日
  4. 加藤 太一郎, 滑川 徹
    “直線探索付き勾配法を用いた分散制御による電力ネットワークの系統周波数制御”
    第54回自動制御連合講演会, pp.1853-1858
    会場:豊橋技術科学大学, 2011年11月19日-11月20日
  5. 末廣 友晴, 滑川 徹
    “重複情報を含む2つのサブシステムの分散制御を用いた電力ネットワークの系統周波数制御”
    第54回自動制御連合講演会, pp.1859-1864
    会場:豊橋技術科学大学, 2011年11月19日-11月20日
  6. 前田 雅志, 滑川 徹
    “センサネットワークシステムにおけるマルチホップ通信を考慮した最適ネットワーク構築”
    第28回センシングフォーラム 計測部門大会
    会場:慶應義塾大学, 2011年10月13日-10月14日
  7. 藤田 佑樹, 滑川 徹
    “非均一蔵本モデルを用いた送電損失を含む電力ネットワークの同期条件”
    第40回制御理論シンポジウム
    会場:ホテルコスモスクエア国際交流センター, 2011年9月26日-9月28日
  8. 小杉 和也, 滑川 徹
    “故障診断と観測データ補償に基づく耐故障性を有したセンサーネットワークの構成”
    第40回制御理論シンポジウム
    会場:ホテルコスモスクエア国際交流センター, 2011年9月26日-9月28日
  9. Hamzah Ahmad, Toru Namerikawa
    “FIM Analysis for EKF-based SLAM with Intermittent Measurements”
    第11回計測自動制御学会制御部門大会
    会場:琉球大学, 2011年3月16日-3月18日
  10. 藤田 佑樹, 滑川 徹
    “非均一蔵本モデルを用いた電力ネットワークの同期条件に関する考察”
    第55回システム制御情報学会研究発表講演会, pp.59-60
    会場:大阪大学, 2011年5月17日-5月19日
  11. 大谷 達也, 滑川 徹
    “マルチロボットの協調自己位置推定問題と収束性解析”
    第55回システム制御情報学会研究発表講演会, pp.159-160
    会場:大阪大学, 2011年5月17日-5月19日

Invited Talks

  1. 滑川 徹
    「再生可能エネルギーを含む分散型エネルギーシステムの分散制御」
    制御技術フォーラム ; 計測自動制御学会 制御部門 制御技術部会 ;
    会場:東京工業大学蔵前会館ロイアルブルーホール, 2011年11月16日
  2. Toru Namerikawa
    「Distributed and Cooperative Control of Distributed Energy Systems with Renewable Energy Generators」
    Venue:Korea Railroad Research Institute, October 26, 2011
  3. Toru Namerikawa
    「Distributed and Cooperative Control of Distributed Energy Systems with Renewable Energy Generators」
    Venue:Seoul National University, October 25, 2011
  4. 滑川 徹
    「エネルギーネットワークと制御理論」
    制御フォーラム 第2回公開フォーラム ; 日本鉄鋼協会計測・制御・システム工学部会 ;
    会場:日本鉄鋼協会, 2011年4月20日

Invited Articles

  1. 滑川 徹
    「環境エネルギーに貢献するシステム制御」
    CYBERNET NEWS ; サイバネットシステム株式会社;
    No.133 ; pp.8-9 ; 2011 SUMMER

Thesis

  • Doctor

  • Master

    1. 石村晃士,
      ” ネットワーク構造を考慮したマルチビークルシステムによる物体協調把持と搬送行動,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2011年度.
    2. 大谷達也,
      “複数の移動ロボットを用いた自己位置と環境地図の協調推定,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2011年度.
    3. 加藤太一郎,
      “直線探索付き勾配法を用いた分散制御による電力ネットワークの系統周波数制御,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2011年度.
    4. 小杉和也,
      “耐故障性を有するセンサネットワークの構築と近傍比較戦略に基づくナビゲーション,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2011年度.
  • Bachelor

    1. 石川友規,
      ” 風速モデルの検討とカルマンフィルタに基づく短期風速予測,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2011年度.
    2. 大川佳寛,
      “H∞フィルタを用いた移動ロボットの 自己位置推定と環境認識における逃避時間回避とその収束性,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2011年度.
    3. 橘義博,
      “通信遅延を考慮した複数剛体の分散協調姿勢制御,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2011年度.
    4. 徳本晋一郎,
      “流体発生源の検知と位置推定問題における動的なセンサ選択を用いたエネルギー最適化,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2011年度.
    5. 祓川悠,
      “電力網の制約を考慮した市場モデルと動的な電力価格の安定化,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2011年度.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。