Publications2004

Journal Papers

  1. Toru Namerikawa, Masayuki Fujita, Roy S. Smith and Kenko Uchida,
    “On the H Control System Design Attenuating Initial State Uncertainties,”
    Trans. of the Society of Instrument and Control Engineers, Vol. 40, No. 3, pp. 307-314, 2004.

International Conference Papers

  1. Toru Namerikawa, Hiroki Seto,
    “H DIA Control For Robust Performance of Magnetic Suspension Systems,”
    Proc. of the 7th International Conference on Motion and Vibration Control,
    Charles F. Knight Center, Washington University in St. Louis, St. Louis, Missouri, Aug. 8-11 2004.
  2. Toru Namerikawa, Wataru Shinozuka and Masayuki Fujita,
    “Disturbance and Initial State Uncertainty Attenuation Control for Magnetic Bearings,”
    Proc. of the 9th International Symposium on Magnetic Bearings,
    Radisson Plaza Hotel, Lexington, Kentucky, Aug. 3-6 2004.
  3. Wataru Shinozuka, Toru Namerikawa,
    “Improving the Transient Response of Magnetic Bearings by the H DIA Control,”
    Proc. of the 2004 IEEE Conference on Control Applications, pp. 1130-1135,
    The Grand Hotel, Taipei, Taiwan, Sep. 2004.
  4. Hiroki Seto, Toru Namerikawa,
    “Robust Performance and Transient Response of the H/μ DIA Control for Magnetic Suspension Systems,”
    Proc. of the 2004 IEEE Conference on Control Applications, pp. 1020-1025,
    The Grand Hotel, Taipei, Taiwan, Sep. 2004.
  5. Toru Namerikawa, Masayuki Fujita,
    “H DIA Control of Magnetic Suspension Systems,”
    Proc. of the 2004 IEEE Conference on Control Applications, pp. 1697-1702,
    The Grand Hotel, Taipei, Taiwan, Sep. 2004.
  6. Toru Namrikawa, Hiroki Seto,
    “H/μ DIA Control of the Magnetic Suspension System,”
    The 8th International Workshop on Advanced Motion Control, pp. 281-286,
    Kawasaki International Center, Kawasaki, Japan, Mar. 25-27 2004.
  7. Toru Namerikawa, Wataru Shinozuka,
    “H Control of the Magnetic Bearing Considering Initial State Uncertainties,”
    The 8th International Workshop on Advanced Motion Control, pp. 275-280,
    Kawasaki International Center, Kawasaki, Japan, Mar. 25-27 2004.

Domestic Conference Papers

  1. 滑川徹, 水谷大輔,
    “鋼板磁気浮上系のロバスト制御に関する考察,”
    電気学会リニアドライブ・半導体電力変換 合同研究会資料, LD-04-89, pp. 31-36,
    諏訪東京理科大学, 茅野市, 長野県, 2004年12月16日-17日.
  2. 瀬戸洋紀, 滑川徹,
    “HDIA制御による磁気軸受の回転性能改善に関する検討,”
    第47回自動制御連合講演会, No. 04-256,
    ホテルサンガーデン千葉, 千葉市,千葉県, 2004年11月26-27日.
  3. 滑川徹, 林鋭渠,
    “環境の不確かさを考慮したマスタ・スレーブシステムのロバスト制御,”
    第47回自動制御連合講演会, No. 04-256,
    ホテルサンガーデン千葉, 千葉市,千葉県, 2004年11月26-27日.
  4. 佐藤拓史, 滑川徹,
    “静止時における自立走行二輪車のモデリングとロバスト姿勢制御,”
    日本機械学会,D&D2004, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 目黒区, 東京都, 2004年9月27-30日.
  5. 篠塚亙, 滑川徹,
    “HDIA制御による磁気軸受の過渡応答 性能に関する実験的検証,”
    第16回電磁力関連のダイナミクスシンポジウム講演論文集,
    北九州国際会議場, 北九州市, 福岡県, 2004年6月9-11日.
  6. 滑川徹, 瀬戸洋紀,
    “μ-シンセスを用いたHDIA制御による磁気浮上系のロバスト制御性能改善,”
    電気学会産業計測制御研究会資料, pp. 127-132,
    慶應義塾大学 矢上キャンパス, 横浜市, 神奈川県, 2004年3月10-11日.

Invited Talks

  1. 滑川徹,
    “制御工学とメカトロニクス,”
    高橋悟研究室, 香川大学工学部, 高松市, 香川県, 2004年9月15日
  2. 滑川徹,
    “ロバスト制御と過渡応答特性を考慮した磁気軸受制御,”
    第8回電気学会MLV委員会, 東京大学生産技術研究所, 目黒区, 東京都, 2004年5月26日

Thesis

  • Master

    1. 水谷 大輔,
      ” HDIA制御による鋼板磁気浮上系のロバスト制御,”
      滑川研究室, 長岡技術科学大学, 2004年度.
    2. 林 鋭渠,
      ” ロボットダイナミクスを考慮したマスタ・スレーブシステムのロバスト制御, ”
      滑川研究室, 長岡技術科学大学, 2004年度.
  • Bachelor

    1. 河田 久之輔,
      ” RT-Linuxを用いたマスタ・スレーブシステムのロバスト制御に関する研究,”
      滑川研究室, 長岡技術科学大学, 2004年度.
    2. 黒木 慎太郎,
      ” 鋼板磁気浮上系の構築とそのロバスト制御に関する研究,”
      滑川研究室, 長岡技術科学大学, 2004年度.
    3. 新村 和広,
      ” 磁気浮上系のシステム同定と制御系設計, ”
      滑川研究室, 長岡技術科学大学, 2004年度.

NUT-PIT Project

  1. Jaroenmit Woradet,
    ” A Lyapunov Based Nonlinear Robust Control of Robot Manipulators,”
    滑川研究室, 長岡技術科学大学, 2004年度.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。