Publications2013

Journal Papers

  1. Yasuhiro Kuriki and Toru Namerikawa,
    “Formation Control of UAVs with a Fourth-order Flight Dynamics,”
    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration; (to be published)
  2. Yasuhiro Kuriki and Toru Namerikawa,
    “Control of Formation Configuration Using Leader-Follower Structure “
    Journal of System Design and Dynamics Vol. 7(2013) No. 3, p.254-264
  3. 末廣 友晴, 増井 健治, 滑川 徹
    “重複情報を用いた電力ネットワークの分散階層制御”
    計測自動制御学会論文集, Vol.49, No.12
  4. 藤田 佑樹, 大川 佳寛, 滑川 徹
    “状態故障評価行列を用いた電力ネットワークにおけるサイバー攻撃・故障の診断”
    計測自動制御学会論文集, Vol.49, No.12
  5. 大久保 徳雄, 佐藤 隆太郎, 滑川 徹
    “双対分解とゲーム理論に基づくリアルタイムプライシングによる電力網の系統周波数制御”
    計測自動制御学会論文集, Vol.49, No.10
  6. Y. Okawa, T. Namerikawa,
    “H∞ Filter-based SLAM with the Observation on an a priori Known Landmark”
    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration,Vol. 6, No. 5, pp. 360-367
  7. 宮野 雄基, 滑川 徹
    “蓄電システムを含めた電力市場における最適価格設定法と需給制御”
    電気学会論文誌C, Vol.133, No.10
  8. 加藤太一郎, 祓川悠, 滑川 徹
    “直線探索付き反復勾配法を用いた分散制御による電力ネットワークの系統周波数制御”
    計測自動制御学会論文集; Vol.49, No.2, pp.222-228

International Conference Papers

  1. Yasuhiro Kuriki and Toru Namerikawa
    ” Formation Control of UAVs with a Fourth-order Flight Dynamics,”
    IEEE Conference on Decision and Control 2013, pp. 6706-6711, Florence, Italy, December 10-13, 2013
  2. Shinichiro Tokumoto and Toru Namerikawa
    ” Interpolation for Gas Source Detection Using Parameter Estimation in a Sensor Network,”
    IEEE Conference on Decision and Control 2013, pp. 4158-4163, Florence, Italy, December 10-13, 2013
  3. Naoki Ito, Akiko Takeda and Toru Namerikawa
    ” Convex Hull Pricing for Demand Response in Electricity Markets,”
    IEEE SmartGridComm 2013, pp. 151-156, Vancouver, Canada, October 21-24, 2013
  4. Tomoki ishikawa and Toru Namerikawa
    ” Short-Term Wind Power Prediction for Wind Turbine via Kalman Filter based on JIT Modeling,”

    SICE Annual Conference 2013, Nagoya University, Nagoya, Japan, Septermber 14-17, 2013
  5. Yoshihiro Tachibana and Toru Namerikawa
    ” Cooperative Capturing for Multi-Agent System with Reaction Force from Target Object,”

    SICE Annual Conference 2013, Nagoya University, Nagoya, Japan, Septermber 14-17, 2013
  6. Yasuhiro Kuriki and Toru Namerikawa
    ” Consecsus-Based Cooperative Control for Geometric Configuration of UAVs Flying in Formation,”

    SICE Annual Conference 2013, Nagoya University, Nagoya, Japan, Septermber 14-17, 2013
  7. Takaaki Kojima, Yoshihiro Okawa and Toru Namerikawa
    ” Multi-Robot SLAM for Large Scale Map Building Using Relative Information of Local Maps,”

    SICE Annual Conference 2013, Nagoya University, Nagoya, Japan, Septermber 14-17, 2013
  8. Yoshihiro Okawa and Toru Namerikawa
    ” Simultaneous Localization and Mapping Problem via the H-Infinity Filter with a Known Landmark,”

    SICE Annual Conference 2013, Nagoya University, Nagoya, Japan, Septermber 14-17, 2013
  9. Tatsuya Mukai and Toru Namerikawa
    ” Optimal Battery Capacity Determination for Micro-Grid System,”

    SICE Annual Conference 2013, Nagoya University, Nagoya, Japan, Septermber 14-17, 2013
  10. Christian Fogelberg and Toru Namerikawa
    ” Distributed Model Predictive Control of Load Frequency of Power Network,”

    SICE Annual Conference 2013, Nagoya University, Nagoya, Japan, Septermber 14-17, 2013
  11. Yuki Miyano and Toru Namerikawa
    ” Optimal Pricing Algorithm Based on Steepest Descent Method for Electricity Market with Battery and Accumulator,”

    International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications NOLTA2013, Santa Fe, USA, September 8-11, 2013.
  12. Yuki Fujita, Toru Namerikawa and Kenko Uchida
    ” Cyber Attack Detection and Faults Diagnosis in Power Networks by Using State Fault Diagnosis Matrix,”

    2013 European Control Conference (ECC), Zürich, Switzerland, July 17-19, 2013.
  13. Y.Kawai and T.Namerikawa
    “Passivity and RISE based Robust Control for Bilateral Teleoperation System with Communication Delay “
    2013 IEEE Multiconference on Systems and Control(MSC), 口頭発表(一般)
    ,Hyderabad,India, October , 2013.
  14. N.Okubo T.Namerikawa
    “Game Theoretic Real-Time Pricing based on Dual Decomposition and its Application to Load Frequency Control of Power Networks”
    Virtual Control Conference 2013 (VCC-13), 口頭発表(一般)
    ,Aalborg,Denmark, September 24, 2013.

Domestic Conference Papers

  1. 石川 友規, 滑川 徹
    ” JITモデリングに基づくカルマンフィルタによる短期風力発電量予測,”

    第13回計測自動制御学会制御部門大会,8F3-6,アクロス福岡, 2013年3月5日~8日.
  2. 大久保 徳雄,佐藤 隆太郎, 滑川 徹
    “ゲーム理論に基づく個人合理性を考慮したリアルタイムプライシングによる電力網の系統周波数制御,”

    第13回計測自動制御学会制御部門大会,8F1-1,アクロス福岡, 2013年3月5日~8日.
  3. 橘 義博, 滑川 徹
    ” 対象物からの反力を考慮したマルチエージェントシステムによる協調取り囲み,”

    第13回計測自動制御学会制御部門大会,8A3-3,アクロス福岡, 2013年3月5日~8日.
  4. 栗城 康弘, 滑川 徹
    “ダイナミクスを考慮した4次系UAVのフォーメーション制御,”

    第13回計測自動制御学会制御部門大会,8A3-2,アクロス福岡, 2013年3月5日~8日.
  5. 小嶋 昂明, 滑川 徹
    “マルチロボットのSLAMにおける局所地図内の相対情報を用いた環境地図統合,”

    第13回計測自動制御学会制御部門大会,7A3-1,アクロス福岡, 2013年3月5日~8日.
  6. 向井 達哉, 滑川 徹
    “充放電特性を考慮したマイクログリッドにおけるリチウムイオンバッテリの最適容量決定・運用法の検討,”

    第13回計測自動制御学会制御部門大会,6F4-5,アクロス福岡, 2013年3月5日~8日.
  7. 栗城 康弘, 滑川 徹
    “衝突回避を付加した4次系UAVのフォーメーション制御,”

    第30回誘導制御シンポジウム,宇宙航空研究開発機構(JAXA) 相模原キャンパス, 2013年7月17日~19日.
  8. 徳本 晋一郎, 滑川 徹
    “カルマンフィルタを用いた気体濃度予測のための伝播係数推定,”

    第2回知的環境とセンサネットワーク研究会,アクトシティ浜松, 2013年7月17日~19日.
  9. 石川 友規, 滑川 徹
    “誤差共分散の減少性を考慮したカルマンフィルタによる短期風力発電量予測,”
    第56回自動制御連合講演会, 新潟大学, 2013年11月16日~17日, pp.941-946.
  10. 井山 仁志, 滑川 徹
    “ゲインスケジューリングモデル予測制御によるハイブリッド電気自動車の燃費最適化,”
    第56回自動制御連合講演会, 新潟大学, 2013年11月16日~17日, pp.957-962.
  11. 大川 佳寛, 滑川 徹
    “電力網制約を考慮した分散的な動的電力価格決定メカニズムの構築,”
    第56回自動制御連合講演会, 新潟大学, 2013年11月16日~17日, pp.931-936.
  12. 栗城 康弘, 滑川 徹
    “衝突回避を考慮した合意アルゴリズムに基づくUAVの協調フォーメーション制御,”
    第56回自動制御連合講演会, 新潟大学, 2013年11月16日~17日, pp.241-246.
  13. 猪狩 俊介, 滑川 徹
    “関東地区におけるPVシステム導入問題と電力配分問題,”
    計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2013, ピアザ淡海, 2013年11月18日~20日, pp.566-571.
  14. 佐藤 隆太郎, 滑川 徹
    “モデル予測制御を利用したリアルタイムプライシングによる電力需給制御,”
    計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2013, ピアザ淡海, 2013年11月18日~20日, pp.572-577.

Invited Talks

Invited Articles

  1. 滑川 徹
    “マルチエージェントシステムにおけるダイナミクスと合意制御”
    計測と制御, Vol.52, No.3, pp.264-270, 2013
  2. 大槻 知明, 渡辺 尚, 中澤 仁, 川島 英之, 滑川 徹, 山本 高至
    “知的環境とセンサネットワーク ─アンビエントセンサネットワーク─ 人の活動を拡張・強化する情報通信システム”
    電子情報通信学会誌, vol.96, no.7, pp.495-500, 2013

Thesis

  • Doctor

  • Master

    1. Christian Fogelberg,
      ” Distributed Model Predictive Control of Load Frequency for Power Networks,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2013年度.
    2. 大川 佳寛,
      “間欠的観測を考慮したH∞フィルタによる移動ロボットのSLAM,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2013年度.室, 慶應義塾大学, 2013年度.
    3. 石川 友規,
      “JITモデリングに基づくカルマンフィルタによる短期風力発電予測,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2013年度.
    4. 橘 義博,
      “外乱を考慮したマルチエージェントシステムの協調制御,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2013年度.
    5. 徳本 晋一郎,
      “気体濃度予測のためのカルマンフィルタを用いた伝播係数推定,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2013年度.
    6. 向井 達哉,
      “スマートグリッドにおけるバッテリ特性を考慮した最適エネルギーマネジメント,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2013年度.
  • Bachelor

    1. 池上 裕人,
      “再生可能エネルギーを考慮した電力市場における最適価格設計方法,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2013年度.
    2. 入田 隆,
      “センサネットワークを介したスマートグリッドにおける分散検知カルマンフィルタを用いた出力及び状態故障検出,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2013年度.
    3. 高村 俊,
      “状態推定に基づく重複情報を用いた電力系統の分散階層周波数制御,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2013年度.
    4. 細野 和貴,
      “カルマンフィルタを用いた短期太陽光発電予測およびBEMSによる最適運用計画,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2013年度.
    5. 森 翔平,
      “パラメータ変動を考慮したH∞オブザーバを用いたバッテリ充電率推定,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2013年度.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。