Research Field

滑川研究室ではシステム・制御理論を専門としており、ネットワークシステムの分散協調制御を専門分野としています。 理論的解析を主としていますが、制御則を実機に適用しその有効性を検証することで、理論と実機のバランスを保っています。
また滑川研究室は「理論化」「システム化」「ソフト化」「アルゴリズム開発」を重視し、 『モノ造りからコト創りへ』を目指す方向としています。

Namerikawa laboratory specializes in system and control theory and specialized field is distributed cooperative control of network system. Although it is based on theoretical analysis, we apply the control law to the actual machine and verify its effectiveness, thereby keeping the balance between theory and actual machine.
In addition, Namerikawa laboratory emphasizes “theoreticalization” “systematization” “softwareization” “algorithm development”, and is aiming for “making from the monozukuri to the creation”.


図1
 

Research Contents

【Download】

 

1)分散制御 -Distributed Control

  • 電力系統における需給調整のための周波数制御
    Frequency control for supply-demand adjustment in electric power system

 

2)サイバーセキュリティ -Cyber Security

  • スマートグリッドにおけるサイバー攻撃の検出
    Detect cyber attack

 

3)エネルギーマネジメント -Energy Management

  • 太陽光・風車発電予測システム
    Solar power / wind power generation prediction system
  • バッテリーマネージメント
    Battery management
  • ビルのエネルギーマネージメント
    Building energy management

 

4)エネルギー経済 -Energy Economy

  • 電力負荷を制御する動的価格設定問題
    Dynamic pricing problem controlling power load

 

5)マルチエージェントシステム -Multi Agent System

  • 複数ビークルによる物体のフォーメーション飛行
    Formation flight with multiple vehicles
  • 移動ロボットの自己位置推定と環境地図
    Self-location estimation of mobile robot and environment map
  • 生物群の模倣
    Analyzing and control of swarm

 

6)交通制御 -Traffic Control

  • スマートパーキングシステム
    Smart parking system
  • 自動走行車の合流制御
    Merging control at highway junction
  • EV充電計画問題
    Distributed scheduling of EV charging
  • 高速道路制限速度設定最適化
    Calculating optimal speed limit on VSL

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。