Publications2009

Journal Papers

  1. 河田久之輔, 滑川徹,
    “時変の通信遅延を有する非線形テレオペレーションのバイラテラル制御,”
    計測自動制御学会論文集, Vol.45,No.1,pp.18-26,2009 .
  2. Hiroyuki Fujita and Toru Namerikawa,
    “Delay-Imdependent Stabilization of Teleoperation Systmes with Time-Varying Delay,”
    JCMSI, Vol.2,No3,pp.177-183, 2009 .
  3. 川上裕樹, 滑川徹,
    “ビークル群によるネットワークの変化に依存しない協調取り囲み行動,”
    計測自動制御学会論文集, Vol.45, No.12, pp.688-695, 2009.

International Conference Papers

  1. Toru Namerikawa,
    “Bilateral Control with Constant Feedback Gains for Teleoperation with Time Varying Delay,”
    Proceeding of the 48th IEEE Conference on Decision and Control, Shanghai International Convention Center,China, pp.7527-7532, December 16-18, 2009 .
  2. Hiroki Kawakami and Toru Namerikawa,
    “Cooperative Target-capturing Strategy for Multi-vehicle Systems with Dynamic Network Topology,”
    the 2009 American Control Conference, St. Louis, Missouri, USA, pp.635-640 June 10-12, 2009 .
  3. Koei Yoshida and Toru Namerikawa,
    “Stability and Tracking Properties in Predictive Control with Adaptation for Bilateral Teleoperation,”
    the 2009 American Control Conference, St. Louis, Missouri, USA, pp.1323-1328, June 10-12, 2009 .
  4. Hiroyuki Fujita and Toru Namerikawa,
    “Delay-Independent Stabilization for Teleoperation with Time Varying Delay,”
    the 2009 American Control Conference, St. Louis, Missouri, pp.5459-5464 USA, June 10-12, 2009 .
  5. Yuske Nakashima and Toru Namerikawa,
    “GIMC Structure based Anti-Windup Control Considering L2 Performance,”
    3rd IEEE Multi-conference on Systems and Control, pp.956-961 July 8-10,2009.
  6. Hamzah Ahmad and Toru Namerikawa,
    “HFilter Convergence and its Application to SLAM,”
    ICCAS-SICE 2009, Fukuoka International Congress Center,pp.2875-2881,August 18-21,2009 .
  7. Nam Duc Du and Toru Namerikawa,
    “Impedance Control for Force -Reflecting Teleoperation with Communication Delays Based on IOS Small Gain Theorem,”
    ICCAS-SICE 2009, Fukuoka International Congress Center,pp.4079-4085,August 18-21,2009 .
  8. Nam Duc Do and Toru Namerikawa,
    “Impedance Control for Force-Reflecting Teleoperation with Varying Damping under Communication Delays,”
    Proceedings of the ISRM 2009 ,The 1st International Symposium on Robotics and Mechatronics, Hanoi University of Technology, September 21-23,2009 .

Domestic Conference Papers

  1. 滑川徹,森本祐介
    “移動ロボットの自己位置推定と環境認識,”
    計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2009
    会場:東京工業大学, 2009年11月24日-11月26日
  2. Hamzah Bin Ahmad, Toru Namerikawa,
    “Partial Observability of H SLAM,”
    第38回制御理論シンポジウム, 資料pp.201-204
    会場:コスモスクエア国際交流センター, 2009年9月14日-9月16日
  3. 藤田裕之, 滑川徹,
    “位置追従性を考慮した通信遅延を有するPIDテレオペレーションシステム,”
    第38回制御理論シンポジウム, 資料pp.323-326
    会場:コスモスクエア国際交流センター, 2009年9月14日-9月16日
  4. 武田孝史, 滑川徹,
    “推定誤差の分散と通信エネルギーを考慮したセンサースケジューリング,”
    第38回制御理論シンポジウム, 資料pp.331-334
    会場:コスモスクエア国際交流センター, 2009年9月14日-9月16日
  5. 上坂洋介, 滑川徹,
    “Inverce Kinematics を用いたビークル群による対象物の協調取り囲み行動,”
    第11回「運動と振動の制御」シンポジウム, 資料pp.208-213
    会場:アクロス福岡, 2009年9月2日-9月4日
  6. 山科勇輔, 滑川徹,
    “複数の協調ロボットを用いたテレオペレーションによる物体把持,”
    第11回「運動と振動の制御」シンポジウム, 資料pp.214-219
    会場:アクロス福岡, 2009年9月2日-9月4日
  7. 森本祐介,滑川徹,
    “拡張カルマンフィルタを用いた移動ロボットの自己位置推定と環境認識,”
    第11回「運動と振動の制御」シンポジウム, 資料pp.555-556
    会場:アクロス福岡, 2009年9月2日-9月4日
  8. 武田孝史,滑川徹,
    “マルチホップ通信を用いた最適センサーネットワークの構成,”
    第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 資料pp.331-334
    会場:神戸市産業振興センター, 2009年5月20日-5月23日
  9. Do Duc Nam, Toru Namerikawa,
    “An Impedance Control Based Force-Reflecting Teleoperation with Variable Damping under Communication Delays,”
    第9回計測自動制御学会制御部門大会, 広島大学, 2009年3月4日~6日.
  10. Hamzah Bin Ahmad, Toru Namerikawa,
    “Estimating Convergence Properties of H-infinity filter-based in SLAM Problem,”
    第9回計測自動制御学会制御部門大会, 広島大学, 2009年3月4日~6日.
  11. 川上裕樹, 滑川徹,
    “ビークル群によるネットワークの変化に依存しない協調取り囲み行動,”
    第9回計測自動制御学会制御部門大会, 広島大学, 2009年3月4日~6日.
  12. 吉田航瑛, 滑川徹,
    “通信遅延を有する非線形テレオペレーションに対する環境推定に基づく予測制御,”
    第9回計測自動制御学会制御部門大会, 広島大学, 2009年3月4日~6日.
  13. 武田孝史, 滑川徹,
    “予測推定値の分散と通信エネルギーを考慮したセンサネットワークの構成,”
    第9回計測自動制御学会制御部門大会, 広島大学, 2009年3月4日~6日.
  14. 藤田裕之, 滑川徹,
    “時変の遅延を考慮した遅延の大きさに依存しないテレオペレーション,”
    第9回計測自動制御学会制御部門大会, 広島大学, 2009年3月4日~6日.
  15. 上坂洋介, 滑川徹,
    “Inverse Kinematicsを用いたマルチエージェントシステムによる協調取り囲み行動,”
    第9回計測自動制御学会制御部門大会, 広島大学, 2009年3月4日~6日.

Local Domestic Conference Papers

Invited Talks

  1. 滑川徹
    “通信遅延を考慮したネットワークテレオペレーションの協調制御,”
    日本鉄鋼協会 計測制御システム工学部会 制御フォーラム,2009年5月25日.
  2. 滑川徹,
    “ネットワークロボティクスとシステム制御,”
    SICE四国支部チュートリアルセミナーと講演会,高知工科大学, 2009年11月6日-11月7日.
  3. 滑川徹,
    “制御理論は環境問題に貢献できるか,”
    計測自動制御学会,制御部門セミナー,東京大学 本郷キャンパス, 2009年12月3日-12月4日.

Invited Articles

  1. 滑川徹
    “2008 American Control Conference-ACC 2008,”
    ISCIE, Vol. 53, No.1,pp48 2009
  2. 滑川徹
    “マルチエージェントシステムの合意問題と協調取り囲み,”
    ISCIE, Vol. 53, No.10,pp443-448 2009

Thesis

  • Doctor

    1. 佐藤拓史,
      “停止姿勢から走行状態に対する自立走行二輪車のロバスト走行安定化,”
      滑川研究室, 長岡技術科学大学, 2009年度.
  • Master

    1. 武田孝史,
      “推定誤差と通信エネルギーを考慮したセンサネットワークの構築,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2009年度.
    2. 藤田裕之,
      “時変の通信遅延と位置追従性能を考慮した受動性に基づくテレオペレーションの安定化,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2009年度.
  • Bachelor

    1. 石村晃士,
      “相対距離に基づくマルチビークルシステムによる動的強調取り囲み行動,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2009年度.
    2. 大谷達也,
      “アンセンテッドカルマンフィルタを用いた移動ロボットの自己位置推定と環境認識,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2009年度.
    3. 加藤太一郎,
      “複数の協調ロボットを用いたPID型テレオペレーションによる物体把持,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2009年度.
    4. 小杉和也,
      “異種混合センサネットワークのスケジューリング戦略に関する研究,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2009年度.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。