PUBLICATIONS2016

Journal Papers

  1. Tatsuya Mukai, Shunsuke Igari and Toru Namerikawa,
    “Optimal Energy Manegement for Smart Grid System Considering Battery Charactaristics”
    Electrical Engineering in Japan, Vol.194, No.1, pp.18-26, 2016.
  2. 井山 仁志, 須田 貴俊, 西頭 昌明, 瀬戸 洋記, 向井 正和, 滑川 徹
    “ゲインスケジューリングモデル予測制御によるHEVの燃費最適化”
    計測自動制御学会論文集, Vol. 52, No.1, pp.1-10, 2016.
  3. 森 翔平, 滑川 徹
    “Formation Control Considering Disconnection of Network Links for a Multi-UAV System: An LMI Approach
    Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.28, No.3, pp.351-359, 2016
  4. 入田 隆, 篠原 巧, 滑川 徹
    “コード信号と交渉ゲームを用いたスマートグリッドにおけるリプレイ攻撃の検出
    計測自動制御学会論文集, Vol. 52, No.9, pp.498-506, 2016.
  5. Yoshihiro Okawa and Toru Namerikawa
    “Dynamic Pricing Using H ∞ Control with Uncertain Behavior in Electricity Market Trading
    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, pp. 192-200, Vol. 9, No. 5, 2016.
  6. Yoshihiro Okawa and Toru Namerikawa
    “Multi-period Regional Energy Management based on Dynamic Pricing with Non-deficit Real-time Market Trading
    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, pp. 207-215,Vol. 9, No. 5, 2016.
  7. 池上 裕人, 永見 健太郎, 滑川 徹
    “マッチング理論に基づくアグリゲータによるメカニズムデザインを用いた電力需給制御
    計測自動制御学会論文集, Vol. 52, No.11, pp.589-596, 2016.
  8. 高村 俊, 平中 拓人, 滑川 徹
    “階層協調型モデル予測制御を用いた電力系統の周波数制御
    計測自動制御学会論文集, Vol. 52, No.11, pp.597-604, 2016.

 

International Conference Paper

  1. Shun Takamura and Toru Namerikawa
    “Hierarchical and Cooperative Model Predictive Control for Load Frequency of Power Network”
    Proceedings of the 35th Chinese Control Conference, pp.8628-8631, Chengdu, China, July 27 – 29, 2016.
  2. Yoshihiro Okawa and Toru Namerikawa
    “Distributed Power Supply-demand Management Based on Negawatt Trading with Energy Storage System”
    The 15th European Control Conference (ECC2016), pp.1812-1817, Aalborg, Denmark, June 29 – July 1, 2016.
  3. Ahmed Khalifa, Mohamed Fanni and Toru Namerikawa
    “MPC and DOb-based Robust Optimal Control of a New Quadrotor Manipulation System”
    The 15th European Control Conference (ECC2016), pp.483-488, Aalborg, Denmark, June 29 – July 1, 2016.
  4. Kentaro Nagami and Toru Namerikawa
    “Optimal Pricing Algorithm to Suppress Voltage Rise Caused by Reverse Load Flow in Power Distribution Grid”
    SICE Annual Conference 2016, pp. 247-252, Tsukuba, Japan, September 20-23, 2016.
  5. Ahmed Khalifa, Mohamed Fanni and Toru Namerikawa
    “On the Fault Tolerant Control of a Quadrotor Manipulation System Via MPC and DOb Approaches”
    SICE Annual Conference 2016, pp. 700-705, Tsukuba, Japan, September 20-23, 2016.
  6. Takumi Shinohara and Toru Namerikawa
    “SLAM for a Small UAV with Compensation for Unordinary Observations and Convergence Analysis”
    SICE Annual Conference 2016, pp. 1252-1257, Tsukuba, Japan, September 20-23, 2016.
  7. Hiroaki Nakanishi and Toru Namerikawa
    “Optimal Traffic Signal Control for Alleviation of Congestion Based on Traffic Density Prediction by Model Predictive Control”
    SICE Annual Conference 2016, pp. 1273-1278, Tsukuba, Japan, September 20-23, 2016.
  8. Yasuhiro Hayashi and Toru Namerikawa
    “Flocking Algorithm for Multiple Nonholonomic Cars”
    SICE Annual Conference 2016, pp. 1660-1665, Tsukuba, Japan, September 20-23, 2016.
  9. Shady A. Maged, A. A. Abouelsoud, Ahmed M. R. Fath El Bab and Toru Namerikawa
    “A Comparative Study of Extended Kalman Filter and H∞ Filtering For State Estimation of Stewart Platform Manipulator”
    SICE Annual Conference 2016, pp. 1727-1732, Tsukuba, Japan, September 20-23, 2016.
  10. Takuto Hiranaka, Hyungbo Shim, and Toru Namerikawa
    “SoC regulator and DOB-based Load Frequency Control of a Microgrid by Coordination of Diesel Generator and Battery Storage”
    2016 IEEE Multi-Conference on Systems and Control, pp. 64-69, Buenos Aires, Argentina, September 19-22, 2016.
  11. Ahmed Khalifa, Mohamed Fanni and Toru Namerikawa
    “Hybrid Acceleration/Velocity-based Disturbance Observer for a Quadrotor Manipulation System”
    2016 IEEE Multi-Conference on Systems and Control, pp. 556-561, Buenos Aires, Argentina, September 19-22, 2016.
  12. Vina Putranti, Zool H. Ismail and Toru Namerikawa
    “Robust-Formation Control of Multi-Autonomous Underwater Vehicles based on Consensus Algorithm”
    2016 IEEE Multi-Conference on Systems and Control, pp. 1250-1255, Buenos Aires, Argentina, September 19-22, 2016.
  13. Yoshihiro Okawa and Toru Namerikawa
    “Optimal Power Demand Management among Consumers with Aggregator considering State and Control Constraints”
    The 55th IEEE Conference on Decision and Control (CDC2016), pp.801-806, Las Vegas, USA, December 12-14, 2016.

 

Domestic Conference Paper

  1. 篠原 巧, 滑川 徹
    “計算負荷と観測異常を考慮したUAVのSLAM
    第3回制御部門マルチシンポジウム, 2016
  2. 須田 貴俊, 滑川 徹
    “通信コストを考慮した分散型空調管理システム
    第3回制御部門マルチシンポジウム, 2016
  3. 大川 佳寛, 滑川 徹
    “状態及び入力制約を考慮したアグリゲータによる需要家群の最適電力需要削減配分
    第3回制御部門マルチシンポジウム, 2016
  4. 池上 裕人, 滑川 徹
    “マッチング理論に基づくアグリゲータによるメカニズムデザインを用いた電力需要管理
    第3回制御部門マルチシンポジウム, 2016
  5. 駒木根 悠, 滑川 徹
    “外乱を考慮したマルチUAVシステムのフォーメーション制御
    第60回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’16), 京都テルサ, 2016年5月25~27日
  6. 永見 健太郎, 大川 佳寛, 滑川 徹
    “電力市場におけるリグレットマッチングを用いた需給量調整
    第59回自動制御連合講演会, 北九州国際会議場, 2016年11月10日~12日.
  7. 駒木根 悠, 滑川 徹
    “RISEに基づくマルチUAVシステムのロバスト合意制御
    第59回自動制御連合講演会, 北九州国際会議場, 2016年11月10日~12日.
  8. 篠原 巧, 滑川 徹
    “サイバーフィジカルシステムにおけるFalse Data Injection Attackの検出
    第59回自動制御連合講演会, 北九州国際会議場, 2016年11月10日~12日.
  9. 吉原 美祐, 滑川 徹
    “モデル予測制御によるロードプライシングを用いた高速道路における交通流最適化
    第59回自動制御連合講演会, 北九州国際会議場, 2016年11月10日~12日.
  10. 滑川 徹
    “システム制御による超スマートシティ構築へのアプローチ
    第7回横幹連合コンファレンス, 慶應義塾大学日吉キャンパス, 2016年11月18日~20日.

 

Invited Talks

Invited Articles

  1. 滑川 徹, 藤田 政之
    ”座談会:分散協調型エネルギー管理システム -2020年を見据えて-”
    計測と制御, 第 55 巻, 第 7 号, 2016 年 7 月号.

Thesis

  • Doctor

    1. 大川 佳寛,
      ” 電力潮流による経済性を考慮した分散的な動的電力価格決定に関する研究,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2016年度.
  • Master

    1. 駒木根 悠,
      ” 外乱と衝突回避を考慮したマルチUAVシステムのフォーメーション制御,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2016年度.
    2. 須田 貴俊,
      ” 通信コストを考慮した分散型空調管理システム,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2016年度.
    3. Victor Sanz i Lopez,
      ” Hierarchical and Cooperative Model Predictive Control of Electrical Grids by using Overrapping Information,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2016年度.
  • Bachelor

    1. 関根 徹也,
      ” 蓄電設備を導入したリアルタイム市場取引における系統周波数安定化,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2016年度.
    2. 豊田 凌,
      “障害物回避を考慮したマルチエージェントシステムのフォーメーション制御,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2016年度.
    3. 羽田 拓磨,
      ” カルマンフィルタによる二酸化炭素濃度推定の実験検証,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2016年度.
    4. 宮 明珠美,
      ” H∞制御と外乱オブザーバに基づくマイクログリッドの負荷周波数制御,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2016年度.
    5. 武藤 啓太,
      ” アグリゲータによる需要家の電気機器別需要量調整のための最適電力価格決定,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2016年度.
    6. 吉原 美祐,
      ” 不確かさを考慮したロードプライシングを用いた高速道路交通流最適化,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2016年度.