PUBLICATIONS2017

Journal Papers

  1. 名取滉平, 須田貴俊, 滑川徹
    “リチウムイオンバッテリ充電率推定のための周波数応答データを用いたパラメータ初期値推定”
    計測自動制御学会論文集, Vol. 53, No. 1, pp. 112-120, 2017.
  2. T. Ishikawa, T. Kojima, and T. Namerikawa
    “Short‐Term Wind Power Prediction for Wind Turbine via Kalman Filter Based on JIT Modeling”
    Electrical Engineering in Japan, Vol.198, No. 3, pp. 86-96, 2017.
  3. Yoshihiro Okawa and Toru Namerikawa
    “Distributed Optimal Power Management via Negawatt Trading in Real-Time Electricity Market
    IEEE Transactions on Smart Grid, vol. 8, no. 6, pp. 3009–3019, 2017.
  4. Toru Namerikawa, Yasuhiro Kuriki, and Ahmed Khalifa
    “Consensus-based cooperative formation control for multi-quadcopter system with undirectional network connections
    ASME Journal of Dynamic Systems, Measurement and Control, accepted for publication.

International Conference Paper

  1. Yoshihiro Tachibana and Toru Namerikawa
    “RISE-based Cooperative Control of Uncertain Multi-Agent System
    The 2017 American Control Conference, Sheraton Seattle Hotel, USA, May 24–26.
  2. Takashi Irita and Toru Namerikawa
    “Detection of Replay Attack on Smart Grid with Code Signal and Bargaining Game
    The 2017 American Control Conference, Sheraton Seattle Hotel, USA, May 24–26.
  3. Marc Ille and Toru Namerikawa
    “Collision Avoidance between Multi-UAV-Systems considering Formation Control using MPC
    2017 IEEE International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, Sheraton Arabella Park Hotel, Munich, Germany, July 3–7, 2017.
  4. Takumi Shinohara and Toru Namerikawa
    “Manipulative Zero-Stealthy Attacks in Cyber-Physical Systems: Existence Space of Feasible Attack Objectives
    2017 IEEE Conference on Control Technology and Applications, Kohala Coast, Hawai’i, August 27-30, 2017.
  5. Víctor Sanz i López and Toru Namerikawa
    “Hierarchical and Cooperative Model Predictive Control of Electrical Grids by Using Overlapping Information
    2017 IEEE Conference on Control Technology and Applications, Kohala Coast, Hawai’i, August 27-30, 2017.
  6. Roland Harvey, Ying Xu, Zhihua Qu, and Toru Namerikawa
    “Dissipativity-Based Design of Local and Wide-Area DER Controls for Large-Scale Power Systems with High Penetration of Renewables
    2017 IEEE Conference on Control Technology and Applications, Kohala Coast, Hawai’i, August 27-30, 2017.
  7. Ryo Toyota and Toru Namerikawa
    “Formation Control of Multi-Agent System Considering Obstacle Avoidance
    SICE Annual Conference 2017, Kanazawa University, Kanazawa, Japan, September 19-22, 2017.
  8. Yu Komagine, Ryo Toyota, Kento Kotani and Toru Namerikawa
    “RISE-based Robust Formation Control for Multi-UAV System
    SICE Annual Conference 2017, Kanazawa University, Kanazawa, Japan, September 19-22, 2017.
  9. Keita Muto, Yoshihiro Okawa and Toru Namerikawa
    “Optimal Pricing of Electricity by Aggregator for Demand Adjustment of Each Consumer Having Appliances
    SICE Annual Conference 2017, Kanazawa University, Kanazawa, Japan, September 19-22, 2017.
  10. Miyu Yoshihara and Toru Namerikawa
    “Robust Traffic Flow Optimization using Road Pricing with Uncertainty
    SWARM 2017: The 2nd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics, Kyoto, Japan, October 29- November 1, 2017, pp. 297-304.
  11. Fernando Genis Mendoza, Dario Bauso, and Toru Namerikawa
    “Transient Dynamics of Heterogeneous Micro Grids Using Second Order Consensus 
    The International Conference on Wireless Networks and Mobile Communications(WINCOM’17), Rabat, Morocco, November 01-04, 2017.

Domestic Conference Paper

  1. 大川 佳寛, 滑川 徹
    “電力潮流を考慮した動的電力価格決定における受動性に基づく安定性解析
    第4回制御部門マルチシンポジウム, 岡山大学, 2017年3月6日~9日.
  2. 武藤 啓太, 大川 佳寛, 滑川 徹
    “アグリゲータによる需要家の電気機器別需要量調整のための最適電力価格決定
    第4回制御部門マルチシンポジウム, 岡山大学, 2017年3月6日~9日.
  3. 篠原 巧, 滑川 徹
    “サイバーフィジカルシステムにおける完全ステルス攻撃
    第4回制御部門マルチシンポジウム, 岡山大学, 2017年3月6日~9日.
  4. 中西啓晃, 滑川 徹
    “エリア内利益の最大化を考慮したスマートパーキングシステム
    第61回システム制御情報学会研究発表会, 京都テルサ, 2017年5月23日~25日.
  5. 吉原美祐, 滑川 徹
    “不確かさを考慮したロードプライシングを用いた高速道路交通流最適化
    第61回システム制御情報学会研究発表会, 京都テルサ, 2017年5月23日~25日.
  6. 関根徹也, 滑川 徹
    “蓄電設備を導入したリアルタイム市場取引における系統周波数制御
    第61回システム制御情報学会研究発表会, 京都テルサ, 2017年5月23日~25日.
  7. 永見 健太郎, 滑川 徹
    “リグレットマッチングとVCGメカニズムデザインを用いたネガワット取引に基づく当日市場における電力需給量調整
    第60回自動制御連合講演会, 電気通信大学, 2017年11月10日~12日.
  8. 小谷 健人, Marc Ille, 滑川 徹
    “分散型MPCによるUAV群の衝突回避制御
    第60回自動制御連合講演会, 電気通信大学, 2017年11月10日~12日.
  9. 篠原 巧, 滑川 徹
    “攻撃存在環境における凸最適化に基づくセキュア状態推定
    第60回自動制御連合講演会, 電気通信大学, 2017年11月10日~12日.
  10. 林 靖大, 滑川 徹
    “分散協調型モデル予測制御による車両群の合流制御
    第60回自動制御連合講演会, 電気通信大学, 2017年11月10日~12日.
  11. 中西 啓晃, 滑川 徹
    “マッチング理論に基づくスマートパーキングシステムによる最適駐車場割当
    第60回自動制御連合講演会, 電気通信大学, 2017年11月10日~12日.
  12. 平中 拓人, 滑川 徹
    “Moving Horizon Estimationとロバストモデル予測制御を用いた電力系統の負荷周波数制御
    第60回自動制御連合講演会, 電気通信大学, 2017年11月10日~12日.

 

Invited Talks

    1. 滑川 徹
      “システム制御技術と超スマートシティ構築
      第4回制御部門マルチシンポジウム, 岡山大学, 2017年3月6日~9日.

概要
都市インフラシステムの構成要素としては上下水道網,交通網,送電網,情報網などが挙げられるが,それは,個々のサブシステム間の複雑な相互作用および相互干渉を含む大規模分散階層ダイナミカルシステムと見なすことが出来る.これまでは,都市インフラの各要素がどのように相互作用・相互干渉し,その結果,大規模な動的システムが構成されているかについてシステム制御工学的な解析が充分に行われていなかった.最近の大規模天災は,現在の都市インフラシステムにおける個々の社会基盤システム間の相互連携不足を露呈し,現状の都市インフラシステムが災害や事故に脆い事実が改めて浮き彫りとなった.現在,都市インフラシステムのモニタリングおよび制御のために,情報端末や計測制御装置が導入され始め,これに伴い都市インフラシステムの各サブシステム間の相互依存度が益々高まってきており,システム理論,制御理論,情報理論,意思決定理論を使用し,都市インフラシステムの分析,設計および最適化について研究が行われつつある.
本講演では計測自動制御学会(SICE)制御部門制御技術部会の研究会である「都市インフラシステム構築と制御調査研究会」の活動を紹介する.

Invited Articles

  1. 滑川徹
    “分散型モデル予測制御に基づくマルチUAVのフォーメーション制御”
    システム制御情報学会誌(「モデル予測制御の最近の動向」特集号), Vol. 61, No. 2, pp. 69-75, 2017.

Thesis

    • Doctor

    • Master

    • Bachelor