Publications2010

Journal Papers

  1. Nam Do Duc, and Toru Namerikawa,
    “Four-channel Force-Reflecting Teleoperation with Impedance Control,”
    International Journal of Advanced Mechatronic Systems, Vol.2, Nos.5/6, pp.318-329, 2010

International Conference Papers

  1. Nam Do Duc, Toru Namerikawa
    “Four-channel Force Reflecting Teleoperation System Based on ISS Small Gain Theorem”
    Mechatronics Congress 2010
    Keio University, November 23, 2010
  2. Hamzah Ahmad, Toru Namerikawa
    “H∞ Filter-based Robotic Localization and Mapping with Intermittent Measurements”
    Mechatronics Congress 2010
    Keio University, November 22, 2010
  3. Hamzah Ahmad and Toru Namerikawa
    “Robot Localization and Mapping Problem with Unknown Noise Characteristics”
    2010 IEEE International Conference on Control Applications Part of 2010 IEEE Multi-Conference on Systems and Control Yokohama, Japan, September 8-10, 2010
  4. Nam Duc Do, Yusuke Yamashina and Toru Namerikawa
    “Bilateral Teleoperation of Multiple Cooperative Robots with Time-Varying Delay”
    2010 IEEE International Conference on Control Applications Part of 2010 IEEE Multi-Conference on Systems and Control Yokohama, Japan, September 8-10, 2010
  5. Takashi Takeda and Toru Namerikawa
    “Sensor Network Scheduling Algorithm Considering Estimation Error Variance and Communication Energy”
    2010 IEEE International Conference on Control Applications Part of 2010 IEEE Multi-Conference on Systems and Control Yokohama, Japan, September 8-10, 2010
  6. Yasunori Kawai, Toru Namerikawa and Masayuki Fujita
    “Bilateral Teleoperation of Wheeled Mobile Robot with Time Delay using Virtual Image Robot”
    2010 IEEE International Conference on Control Applications Part of 2010 IEEE Multi-Conference on Systems and Control Yokohama, Japan, September 8-10, 2010
  7. Takashi Takeda, Toru Namerikawa
    “A Sensor Network Configuration Considering Priori Estimation Error and Communication Energy”
    12 th LSS Symposium Large Scale Systems:Theory and Applications, Villeneuve d’Ascq, France, pp.1360-1365, July 12-July 14, 2010
  8. Hamzah Ahmad, Toru Namerikawa
    “Feasibility Study of Partial Obsevability in H Filtering for Robot localization and Mapping Problem”
    American Control Conference, Marriott Waterfront, Baltimore, MD, USA ,pp.3980-3985, June 30-July 2, 2010

Domestic Conference Papers

  1. 加藤太一郎,滑川徹
    “反復勾配法による分散制御を用いた電力ネットワークの系統周波数制御”
    第53回自動制御連合講演会, 資料pp.1085-1090
    会場:高知城ホール, 2010年11月06日
  2. 石村晃士,滑川徹
    “相対距離に基づくマルチビークルシステムによる動的協調取り囲み行動”
    第54回システム制御情報学会研究発表講演会
    会場:京都リサーチパーク, 2010年5月21日
  3. 加藤太一郎,滑川徹
    “複数の協調ロボットを用いたPID型テレオペレーションによる物体把持”
    第54回システム制御情報学会研究発表講演会
    会場:京都リサーチパーク, 2010年5月21日
  4. Nam Do Duc, Toru Namerikawa
    “Four-channel Force-Reflecting Teleoperation of Multiple Cooperative Robots with Time varying Delays,”
    第10回計測自動制御学会制御部門大会
    会場:熊本大学, 2010年3月16日-3月18日
  5. Hamzah Ahmad, Toru Namerikawa
    “EKF-based Localiztion with Intermittent Measurements,”
    第10回計測自動制御学会制御部門大会
    会場:熊本大学, 2010年3月16日-3月18日
  6. 滑川徹, 藤田裕之, 武田孝史, 金尾則一
    “需要曲線の特徴を考慮したHフィルタによる電力需要予測,”
    第10回計測自動制御学会制御部門大会
    会場:熊本大学, 2010年3月16日-3月18日
  7. 滑川徹, 武田孝史
    “推定誤差と通信エネルギーに基づくセンサスケジューリング,”
    第10回計測自動制御学会制御部門大会
    会場:熊本大学, 2010年3月16日-3月18日

Invited Talks

  1. Toru Namerikawa
    “Electric Load Prediction and Distributed Predictive Control of Micro Grid “
    2010 IEEE Multi-conference on Systems and Control
    Lund University, 2010/03/05
  2. 滑川徹
    “合意アルゴリズムとビークル群による協調取り囲み”
    SICE 第27回誘導制御シンポジウム
    東京都市大学 世田谷キャンパス, 2010/05/13
  3. 滑川徹
    “通信遅延を考慮したネットワークテレオペレーションの協調制御”
    制御フォーラム「鉄鋼プロセス制御への先端的アプローチ」 ; 日本鉄鋼協会計測・制御・システム工学部会
    日本鉄鋼協会 , 2009/05/25
  4. 滑川徹
    “制御とエネルギー環境問題”
    2010 IEEE Multi-conference on Systems and Control ; The Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)
    Yokohama Japan , 2010/09/07
  5. Toru Namerikawa
    “Electric Demand Prediction and Predictive Control of Micro Grid “
    2010 IEEE Multi-conference on Systems and Control ; The Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)
    Yokohama, Japan , 2010/09/09
  6. 滑川徹
    “電力需要予測と電力ネットワークの分散予測制御”
    JST/CRDS 制御システム分科会-SICE 合同ワークショップ
    JST研究開発戦略センター , 2010/10/02
  7. 滑川徹
    “マルチエージェントシステムと最適センサスケジューリング”
    第8回 安全・安心な社会を支える運動と振動の制御研究分科会, 日本機械学会
    慶應義塾大学 , 2010/10/18
  8. 滑川徹
    “電力ネットワークの需要予測と分散予測制御”
    SICEプラントモデリング部会 第2回オープンフォーラム ; SICEプラントモデリング部会
    東京工業大学 , 2010/12/03

Thesis

  • Doctor

    1. Nam Do Duc,
      ” Cooperative Control of Teleoperation System with Four-channel Force Reflection,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2010年度.
    2. Hamzah Ahmad,
      “H∞ Filter Approach for Simultaneous Localization and Mapping Problem,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2010年度.
  • Master

  • Bachelor

    1. 大久保徳雄,
      ” マルチビークルシステムの有限時間フォーメーション制御,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2010年度.
    2. 末廣友晴,
      “2つのサブシステムの分散最適制御を用いた電力網の系統周波数制御,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2010年度.
    3. 藤田佑樹,
      “非均一蔵本モデルを用いた電力ネットワークの同期条件に関する考察,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2010年度.
    4. 前田雅志,
      “マルチホップ通信を考慮したネットワーク構築アルゴリズムに関する研究,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2010年度.
    5. 宮野雄基,
      “H∞フィルタを用いた移動ロボットの自己位置推定と環境認識,”
      滑川研究室, 慶應義塾大学, 2010年度.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。