Publications2008

Journal Papers

  1. 中曽裕次郎, 滑川徹,
    “GIMC 構造による故障検出とその磁気浮上システムへの応用,”
    システム制御情報学会論文誌, Vol. 21, No. 9, pp. 277-284, 2008.
  2. 吉岡愛, 滑川徹,
    “マルチエージェントシステムの合意問題とそのフォーメーション制御への応用,”
    計測自動制御学会論文集, Vol. 44, No. 8, pp. 663-669, 2008.
  3. 河田久之輔, 吉田航瑛, 滑川徹,
    “通信遅延を有する異構造バイラテラルテレオペレーションの同調制御,”
    計測自動制御学会論文集, Vol. 44, No. 10, pp. 802-808, 2008.

International Conference Papers

  1. Hisanosuke Kawada and Toru Namerikawa,
    “Bilateral Control of Nonlinear Teleoperation with Time Varying Communication Delays,”
    Proc of the 2008 American Control Conference, pp. 189-194,
    Seattle, Washington, USA, June 11-13, 2008.
  2. Yujiro Nakaso and Toru Namerikawa,
    “GIMC-based Fault Detection and Its Application to Magnetic Suspension System,”
    Proc. of the 17th IFAC World Congress, pp. 7363-7368,
    Seoul, Korea, July 6-11, 2008.
  3. Chika Yoshioka and Toru Namerikawa,
    “Formation Control of Nonholonomic Multi-vehicle Systems Based on Virtual Structure,”
    Proc. of the 17th IFAC World Congress, pp. 5149-5154,
    Seoul, Korea, July 6-11, 2008.
  4. Kouei Yoshida and Toru Namerikawa,
    “Predictive PD Control for Teleoperation with Communication Time Delay,”
    Proc. of the 17th IFAC World Congress, pp. 12703-12708,
    Seoul, Korea, July 6-11, 2008.
  5. Toru Namerikawa and Chika Yoshioka,
    “Consensus Control of Observer-based Multi-Agent System with Communication Delay,”
    Proc. of the SICE Annual Conference 2008, pp. 2414-2419,
    Tokyo, Japan, August 20-22, 2008.
  6. Chika Yoshioka and Toru Namerikawa,
    “Observer-based Consensus Control Strategy for Multi-Agent System with Communication Time Delay,”
    Proc. of IEEE Multi-conference on Systems and Control, pp. 1037-1042,
    San Antonio, Texas, USA, Sept. 3-5, 2008.
  7. Hiroki Kawakami and Toru Namerikawa,
    “Virtual Structure Based Target-enclosing Strategies for Nonholonomic Agents,”
    Proc. of IEEE Multi-conference on Systems and Control, pp. 1043-1048,
    San Antonio, Texas, USA, Sept. 3-5, 2008.
  8. Hiroki Kawakami and Toru Namerikawa,
    “Consensus Filter Based Target-enclosing Strategies for Multiple Nonholonomic Vehicles,”
    47th IEEE Conference on Decision and Control, pp.2282-2287.
    Cancun, Mexico, Dec. 9-11, 2008.
  9. Kouei Yoshida, Toru Namerikawa and Oliver Sawodny,
    “A State Predictor for Bilateral Teleoperation with Communication Time Delay,”
    47th IEEE Conference on Decision and Control, pp.4590-4595.
    Cancun, Mexico, Dec. 9-11, 2008.

Domestic Conference Papers

  1. 中曽裕次郎, 滑川徹,
    “GIMC 構造に基づく耐故障制御系のための故障検出,”
    第8回計測自動制御学会制御部門大会, 京都大学, 2008年3月5日~7日.
  2. 川上裕樹, 滑川徹,
    “Consensus Filterを用いた対象物の協調取り囲み行動,”
    第8回計測自動制御学会制御部門大会, 京都大学, 2008年3月5日~7日.
  3. 吉田航瑛, 滑川徹,
    “通信遅延を有するテレオペレーションの状態予測に基づく同調制御,”
    第8回計測自動制御学会制御部門大会, 京都大学, 2008年3月5日~7日.
  4. 滑川 徹, 河田 久之輔, 藤田 裕之,,
    “通信遅延の変化率に依存しないテレオペレーション制御,”
    第8回計測自動制御学会制御部門大会, 京都大学, 2008年3月5日~7日.
  5. 滑川徹,
    “マルチエージェント問題への制御理論的アプローチ,”
    電子情報通信学会 ニューロコンピューティング(NC)研究会, 金沢大学, 2008年5月23日.
  6. 藤田 裕之, 滑川徹,
    “時変の通信遅延を有するテレオペレーションの定数ゲインを用いたバイラテラル制御,”
    電子情報通信学会 ニューロコンピューティング(NC)研究会, 金沢大学, 2008年5月23日.
  7. 武田孝史, 滑川徹,
    “拡張カルマンフィルタを用いたセンサスケジューリング則とその実験的検証,”
    電子情報通信学会 ニューロコンピューティング(NC)研究会, 金沢大学, 2008年5月23日.
  8. 中曽 裕次郎, 滑川 徹,
    “GIMC 構造による故障診断とその磁気浮上システムへの応用,”
    第51回自動制御連合講演会, pp.988-993, 山形大学, 2008年11月22日~23日.
  9. Do Duc Nam, Toru Namerikawa,
    “An Impedance Control Based Force-Reflection Algorithm of Bilateral Teleoperation with Communication Delay,”
    第51回自動制御連合講演会, pp.174-179, 山形大学, 2008年11月22日~23日.
  10. 川上 裕樹, 滑川 徹,
    “動的ネットワーク下でのマルチビークルシステムによる協調取り囲み行動,”
    第51回自動制御連合講演会, pp.1136-1139, 山形大学, 2008年11月22日~23日.
  11. 中島 裕介, 滑川 徹,
    “GIMC構造に基づくL2性能を考慮したAnti-Windup制御,”
    第51回自動制御連合講演会, pp.1162-1167, 山形大学, 2008年11月22日~23日.
  12. 吉田 航瑛, 滑川 徹,
    “通信遅延を有するテレオペレーションの適応予測に基づくバイラテラル制御,”
    第51回自動制御連合講演会, pp.168-173, 山形大学, 2008年11月22日~23日.
  13. 武田 孝史, 滑川 徹,
    “センサネットワークの状態推定誤差と通信エネルギーを考慮したネットワークの切り替え,”
    第51回自動制御連合講演会, pp.1144-1149, 山形大学, 2008年11月22日~23日.
  14. 藤田 裕之, 滑川 徹,
    “時変の通信遅延を有するテレオペレーションの遅延の大きさに依存しない安定化 ,”
    第51回自動制御連合講演会, pp.1126-1131, 山形大学, 2008年11月22日~23日.

Local Domestic Conference Papers

  1. 佐藤拓史, 滑川徹
    “二輪車のサポートシステムを想定した自立走行二輪車のロバスト走行安定化,”
    日本機械学会北陸信越支部第45期総会・講演会, 福井工業大学, 福井市, 2008年3月8日.

Invited Talks

Thesis

  • Doctor

    1. 中曽裕次郎,
      ” GIMC構造に基づく耐故障性制御とその磁気浮上システムへの応用に関する研究,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2008年度.
  • Master

    1. 中島裕介,
      ” L2GIMC構造に基づくL2性能を考慮したAnti-Windup制御,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2008年度.
    2. 川上裕樹,
      ” 合意アルゴリズムに基づくマルチビークルシステムによる協調取り囲み行動,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2008年度.
    3. 吉田航瑛,
      ” 通信遅延を有するテレオペレーションの予測制御,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2008年度.
  • Bachelor

    1. 上坂洋介,
      ” Inverse Kinematics を用いたマルチビークルシステムによる協調取り囲み行動,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2008年度.
    2. 森本祐介,
      ” 拡張カルマンフィルタを用いた移動ロボットの自己位置推定と環境認識,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2008年度.
    3. 山科勇輔,
      ” 複数の協調ロボットを用いたテレオペレーションによる物体把持,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2008年度.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。