Publications2006

Journal Papers

  1. 滑川徹, 丸山英人,
    “GIMC構造を用いた磁気浮上システムの高性能ロバスト制御,”
    計測自動制御学会論文集, Vol.42, No.11, pp. 1181-1187, 2006.
  2. 滑川徹,林鋭渠,伊藤智,河田久之輔,
    “環境の不確かさと通信遅延を考慮したマスタ・スレーブシステムのロバスト制御,”
    日本機械学会論文集, C編, Vol.72, No. 721, pp. 2821-2828, 2006.
  3. Toru Namerikawa, Daisuke Mizutani and Shintaro Kuroki,
    “Robust HDIA Control of Levitated Steel Plates,”
    電気学会論文誌, D編, Vol.126, No.10, pp. 1319-1324, 2006.
  4. 佐藤拓史, 滑川徹,
    “静止時における自立走行二輪車のモデリングとロバスト姿勢制御,”
    日本機械学会論文集, C編,Vol. 72,No. 719,pp. 2130-2136,2006.

International Conference Papers

  1. Toru Namerikawa and Hisanosuke Kawada,
    “Symmetric Impedance Matched Teleoperation with Position Tracking,”
    Proc. of the 45th IEEE Conference on Decision and Control, pp. 4496-4501,
    San Diego, CA, USA, Dec. 13-15, 2006.
  2. Hisanosuke Kawada and Toru Namerikawa,
    “Passivity-based Synchronized Control of Teleoperation with Power Scaling ,”
    Proc. of the SICE-ICASE International Joint Conference 2006, pp. 1838-1843,
    BEXCO, Busan, Korea, Oct. 18-21, 2006.
  3. Hideto Maruyama and Toru Namerikawa,
    “GIMC-based Switching Control of Magnetically Suspended Steel Plates,”
    Proc. of the 2006 IEEE Conference on Control Applications, pp. 728-733,
    Technical University of Munich, Munich, Germany, October 4-6, 2006.
  4. Hiroki Seto, Toru Namerikawa and Masayuki Fujita,
    “Experimental Evalution on HDIA Control of Magnetic Bearings with Rotor Unbalance,”
    Proc. of the 10th International Symposium on Magnetic Bearings, pp. 82-87,
    Hotel du Parc, Martigny, Switzerland, August 21-23, 2006.
  5. Toru Namerikawa and Kazunobu Maruyama,
    “An H Control Considering Initial State Uncertainties of Controllers,”
    Proc. of the 17th International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems,
    pp. 1958-1965, Kyoto International Conference Hall, Kyoto, Japan, July 24-28, 2006.
  6. Toru Namerikawa and Hideto Maruyama,
    “High Performance Robust Control of Magnetic Suspension Systems Using GIMC Structure,”
    Proc. of the 2006 American Control Conference, pp. 4582-4587,
    Minneapolis, Minnesota, USA, June 14-16, 2006.
  7. Toru Namerikawa and Hiroto Kawano,
    “A Passivity-based Approach to Wide Area Stabilization of the Magnetic Suspension Systems,”
    Proc. of the 2006 American Control Conference, pp. 4576-4581,
    Minneapolis, Minnesota, USA, June 14-16, 2006.

Domestic Conference Papers

  1. 佐藤拓史, 滑川徹,
    “自立走行二輪車のロバスト走行安定化,”
    第7回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 資料, pp. 832-833,
    札幌コンベンションセンター, 札幌市, 2006年12月14日~17日.
  2. 宮川純一, 滑川徹,
    “通信遅延を考慮したGIMC構造とそのメカトロニクスシステムへの応用,”
    電気学会リニアドライブ研究会 資料, LD-06-76, pp. 39-44,
    金沢大学, 金沢市, 2006年12月7日~8日.
  3. 瀬戸洋紀, 滑川徹,
    “補償器の初期状態を考慮したHDIA制御と磁気軸受による過渡特性の検証,”
    第49回自動制御連合講演会, SA8-1-3, pp. 1-6,
    神戸大学, 神戸市, 2006年11月25日~26日.
  4. 滑川徹, 河田久之輔,
    “パワースケーリングと通信遅延を考慮したテレオペレーションの協調制御,”
    第35回計測自動制御学会 制御理論シンポジウム 資料, pp. 205-208,
    コスモスクエア国際交流センター, 大阪市, 2006年9月19日~9月21日.
  5. 松室隼人, 東剛人, 滑川徹,
    “Michaelis-Menten法に基づく真核生物におけるセルサイクルのロバスト性に関する一考察,”
    第35回計測自動制御学会 制御理論シンポジウム 資料, pp. 183-186,
    コスモスクエア国際交流センター, 大阪市, 2006年9月19日~9月21日.
  6. 河田久之輔, 滑川徹,
    “位置追従性を考慮したテレオペレーションの受動性に基づく制御,”
    電子情報通信学会 信学技報, Vol.106, No.136 (NLP2006-42), pp. 49-54,
    金沢大学, 金沢市, 2006年7月3日~7月4日.
  7. 滑川徹, 丸山英人,
    “GIMC構造に基づく鋼板磁気浮上系の切替制御,”
    第6回計測自動制御学会制御部門大会 資料, pp. 495-498,
    ウィル愛知(愛知県女性総合センター), 名古屋市, 愛知県, 2006年5月31日~6月2日.
  8. 河田久之輔, 滑川徹,
    “位置追従性を考慮した対称型テレオペレーション,”
    第6回計測自動制御学会制御部門大会 資料, pp. 491-494,
    ウィル愛知(愛知県女性総合センター), 名古屋市, 愛知県, 2006年5月31日~6月2日.

Invited Talks

  1. 滑川徹,
    “Passivity-based Synchronized Control of Teleoperation with Communication Delay and Power Scaling,”
    University of Wuppertal, Germany, September 29, 2006.
  2. 滑川徹, 河田久之輔,
    “Cooperative and Synchronized Control of Teleoperation,”
    California Institute of Technology, USA, December 10, 2006.
  3. 滑川徹, 吉岡愛,
    “Virtual Structure Based Formation Control Strategies for Multi-vehicle System,”
    California Institute of Technology, USA, December 10, 2006.

Thesis

  • Master

    1. 松末真也,
      ” L2ゲインによる外乱抑制を考慮した磁気浮上システムの非線形制御 ,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2006年度.
    2. 松室隼人,
      ” ロバスト性向上に関わるセルサイクルのタンパク質ネットワーク構造 ,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2006年度.
    3. 宮川純一,
      ” むだ時間を考慮したGIMC構造とそのメカトロニクスシステムへの応用 ,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2006年度.
    4. 河田久之輔,
      ” 通信遅延を有するテレオペレーションの受動性に基づく制御 ,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2006年度.
  • Bachelor

    1. 川上裕樹,
      ” 衝突回避を考慮したビークルフォーメーションの協調制御,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2006年度.
    2. 鈴木孝明,
      “ネットワーク構造を考慮したマルチビークルシステムの安定化 ,”
      滑川研究室, 金沢大学, 2006年度.
    3. 吉田航瑛,
      ” 通信遅延を考慮した異構造テレオペレーションの協調制御, ”
      滑川研究室, 金沢大学, 2006年度.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。