Doctoral dissertation request, hearing


On 26 November, the dissertation request of the D3 student Kento Kotani, for a doctoral degree was heard.

Unlike presentations for a Bachelor or a Master thesis, this one was open to the public and people from outside of Keio University joined this hearing.

It was a 60 minutes presentation followed by 30 minutes long questions and answers session. Interesting comments were made and the presentation passed off properly.

Below this is the impression of Mr. Kotani after his hearing.

『これまでの研究結果の集大成の場に、副査の先生方、秘書の宮村さんも含めた滑川研一同および職場の先輩方までご参集頂き、無様な姿は見せるまいとの思いで臨みました。

その一方、総合デザイン工学専攻の公聴会は副査の先生方とのバトルの側面もあるわけで、お願いだから根本からのクリティカルなちゃぶ台返しは勘弁してとの祈りもあったわけですが。

結果は、滑川先生のご指導に加えて、皆様の準備や記録等の支援のおかげもあり、無事に?乗り切ることができました。

1月の最終審査会もあるので気が抜けませんが。

半年後はWanさんの番ですね。

その前にB4の卒論発表やM2の修論発表もありますが、事前の準備をしっかりした上で、適度な緊張感で臨むことが肝要です。』

Mr. Kotani, thank you for your hard work!