ICCAS2019


10/15-18にInternational Conference on Control, Automation and Systems(ICCAS)が韓国の済州島にて開催され、滑川研からはM1の佐々木と中里が参加しました。

二人とも国際会議で発表するのは初めてでしたが、練習の成果を出し切ることができました。今回は質疑応答の時間が3分未満と短いため、もう少し長ければより多くの参加者から質問をもらうことができたと思います。

Banquetではホテルで豪華なコース料理が振る舞われました。

ホテルの近くにはジュサンジョリデと呼ばれる観光スポットがあり、多くの観光客が訪れていました。火山から噴出した溶岩が地表に表れ、急速に冷えたことによりできた地形のようです。天気が良ければ海面がきれいなエメラルドグリーンに見えるそうです。

英語で研究成果を発表する機会はあまりなかったので緊張しましたが、その分大きな達成感を得ることが出来ました。