SCI’19 第63回システム制御情報学会


5月22日から24日SCI’19が開催され、滑川研からはM2小方・佐藤、M1佐々木・中里・山内が参加しました。

まず初めはM2小方の発表です。小方は初めての学会ということもあり(そして想定と異なるタイミングで予鈴が鳴らされたこともあり) とても緊張しテンパっているのが印象的でした。次回以降はもっと余裕が出てくると思います。

初日二人目の発表はM1山内です。発表に関してはさすが卒業研究優秀発表賞の受賞者なだけあって分かりやすく良い発表であった印象です。しかし、本人は質疑応答の受け答えに課題があったと感じているようなので、次回以降に生かしていただきたいですね。

2日目は交通班のM1佐々木・中里の発表でした。まず佐々木の発表ですが、発表自体は特に緊張している様子もなくいつも通りという印象です。しかし、質疑応答の受け答えがせっかく良い指摘を頂いているのに『はい』の一辺倒で、ディスカッションになっていなかったのが残念でした。

そして次は中里です。研究室内での発表練習で指摘された部分を修正改善して全体的に良い発表だったと思います。しかし、やはり質疑応答において、後々考えれば答えることが出来た質問がその場では上手く答えることが出来ていませんでした。M1は初めての学会だったので次回以降に期待しましょう。

そして最終日、M2佐藤の発表です。佐藤は学会が5回目ということもあり、発表・質疑応答で貫録を見せつけていました。見習いましょう。

みんなで集合写真も撮りました。(小方は途中で帰りました)

そして先生にご飯をごちそうになりました。なぜかB4の宮崎もいます。

今回の学会は参加者のほとんどが初めての学会であったため色々な刺激や経験、そして今後の研究や次回以降の発表への課題が得られたことと思います。次回の学会に向けて研究頑張りましょうね!