Activities2006

Committee Service

滑川 徹

  • SICE 会誌編集委員会
  • SICE 制御部門 制御理論部会
  • 電気学会 産業計測制御技術委員会
  • 電気学会 ICEMS2006 論文委員会
  • 電気学会 センサ知能化によるシステムの高度化協同研究委員会
  • 電気学会 磁気支持応用機器の高機能化協同研究委員会
  • 日本機械学会 校閲委員
  • 日本機械学会 ヒトとの有機的融合をめざす運動と振動の制御研究分科会
  • ISMB-10 International Steering Committee

Projects

滑川 徹,瀬戸 洋紀,中曽 裕次郎,河田 久之輔

  • (株)コマツ
    サーボ圧力制御の研究
    共同研究

滑川 徹

  • 日本学術振興会 平成18年度科学研究費補助金
    メートル標準に準拠し光路差を直接周波数から測定するピコメートル干渉測長法の開発
    基礎研究(B), 分担

Invited Talks

滑川 徹

  • “Passivity-based Synchronized Control of Teleoperation with Communication Delay and Power Scaling,”
    University of Wuppertal, Germany, September 29, 2006.

滑川 徹, 河田 久之輔

  • “Cooperative and Synchronized Control of Teleoperation,”
    California Institute of Technology, USA, December 10, 2006.

滑川 徹, 吉岡 愛

  • “Virtual Structure Based Formation Control Strategies for Multi-vehicle System,”
    California Institute of Technology, USA, December 10, 2006.

Student Exchanges

河田 久之輔

      University of Stuttgart, Germany, 2006. 9 – 2007. 1

 

Session Chair

滑川 徹

  • 第35回制御理論シンポジウム, コスモスクエア国際交流センター, 大阪市, 2006年9月19日~9月21日 : システム理論(Ⅲ).
  • 第6回計測自動制御学会制御部門大会, ウィル愛知(愛知県女性総合センター), 名古屋市, 愛知県, 2006年5月31日~6月2日 : 制御応用:高性能から高機能へⅠ.
  • 第49回自動制御連合講演会, 神戸大学, 神戸市, 2006年11月25日~26日 : 飛行体・磁気浮上.
  • 2006 American Control Conference, Minneapolis, Minnesota, USA, June 14-16, 2006 : Control and Magnetic Bearings.
  • SICE-ICASE International Joint Conference 2006, BEXCO, Busan, Korea, Oct. 18-21, 2006 : Recent Advance in Nonlinear Control Theory and its application to Robotics.
  • International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems, Kyoto International Conference Hall, Kyoto, Japan, July 24-28, 2006 : H2 and H ControlⅠ.

Session Organizer

滑川 徹

  • SICE-ICASE International Joint Conference 2006, BEXCO, Busan, Korea, Oct. 18-21, 2006 : Recent Advance in Nonlinear Control Theory and its application to Robotics.
  • 第6回 計測自動制御学会制御部門大会, ウィル愛知(愛知県女性総合センター), 名古屋市, 愛知県, 2006年5月31日~6月2日 : 高性能から高機能へⅠ,Ⅱ.

Awards

滑川 徹

  • 電気学会産業応用部門 部門活動功労賞

中曽 裕次郎

  • 日本学生支援機構 大学院第一種奨学金 免除

丸山 英人

  • 日本学生支援機構 大学院第一種奨学金 半額免除

瀬戸 洋紀

  • 金沢大学国際交流事業 大学院博士後期課程学生研究奨励費

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。